読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

超要約!エンジニアの話

ITとエンジニア、時々わらい

スキルが弱く、自己PR下手なエンジニアが転職する方法

エンジニア転職

IT特化の人材エージェントに転職して早1年半が経ちました。

そして悲しいかな。エンジニアは二分化されることがよくわかりました。

話せるエンジニア

話し下手なエンジニア

です。


話せるエンジニアはエージェントを情報収集代わりに使い、いとも簡単に転職していきます。


課題は、
《年齢に対してのスキルが弱く、さらに話し下手なエンジニア》です。

あー、自分のことかもしれない、
と思う方は、

ぜひエージェントを積極的に使ってください。


そんなエンジニアさんの最近の成功事例

エンジニアプロフィール
プロジェクト担当・テスト、デバックが中心業務
年齢・30歳弱
意向・開発エンジニアへの転向希望

テスターが中心であったものの、プロジェクトの中で自動化スクリプトの作成や
Javaを使用しEclipseで作成したデバックアプリ作成など、コーディング経験が若干あったので、
そこに望みをかけて推薦し、面接に挑みました。


その面接が終わった直後に、

人事『30歳近くてテスターしかやったことない方でした。残念ながら見送りです。』

と電話が…

私『いえ!C言語Javaでのプログラミング経験が少ないながらもあります!
説明下手なだけなのでなんとか次回面接のチャンスください!

それまでに、必ず自己PRできるように練習します!!!

と、食い下がり、なんとか一次面接通過を頂きました。

人事曰く、『開発経験は一切ない』と本人から言われたため、見送り決断したそうです。



なぜこのようなことが起きてしまうか?


開発経験=プロジェクトのメイン業務がプログラミング

と考えていたから。


謙遜は不利です。自信がないのは、もっと不利です。


主な業務がテスターであっても、自ら効率化のために作業自動化スクリプトを作成した経験や
自宅での構築作業などもPR材料になります。


自分が少しでも行った実績を

自分で褒めてあげてください。

そして、そこにスポットライトを当ててPRしてください。


<準備いただくもの>
①今までの実績の棚卸(自分では小さいと考えていても、それがPR材料になったりします)
②実際に勉強していくことの棚卸(Javaの資格、私用PCでのサーバ構築、アプリ開発など)
③自分が転向したい領域で成し遂げたいという覚悟感

特に、実際に勉強している(それが成果として現れている)ことがないと厳しいです。

年齢を重ねた後の微経験転職は、並大抵なことではありません。
それこそ人よりも多くの努力が必要です。


それでも、今の自分に危機感を感じるのであれば

動くのは今がベストだと考えます。

一日も無駄にすることはできません。


先ほどのエンジニアさんは、

①プロジェクトの中で自動化スクリプトの作成
Javaを使用しEclipseで作成したデバックアプリ作成

基本情報技術者試験の勉強
Macbookを購入し、実際にObjective-Cを学習し簡単ながらもゲームアプリを開発

③このままテスターとしては生き残れない。
SEとして、上流から下流まで行えるゼネラリストを本気で目指したい

上記3つが揃ったので、
苦難を乗り越え内定獲得、そして開発エンジニアとしての第一歩を歩み始めました。
とても嬉しくなるご支援でした。

一人でも多くのエンジニアが、楽しく仕事をする環境を
作っていきたいですね!